コラム|獨協大学前<草加松原>駅・草加市松原で歯科をお探しの方は【あき歯科医院】まで

時間 日・祝
9:00~13:00
14:00~18:00
◎:月曜日は午後18:30(受付18:00)まで
休診日:木曜、日曜、祝祭日
※祝日のある週の木曜日は午後17:00(受付16:30)まで診療を行います

〒340-0041 埼玉県草加市松原1-7-22
さいゆうヴィレッジ2階

  • 電話
  • メニュー

小児歯科が教えるむし歯になりにくいおやつの選び方

皆さんこんにちは。

あき歯科医院です。

 

テお子さまは甘いものが大好きなので、むし歯予防を徹底するのであれば、おやつに食べるものまで気を配りましょう。

 

同じ甘いものでも、むし歯になりやすいものとなりにくいものとがありますので、上手に選ぶことが大切です。

 

甘くてもむし歯になりにくいものがある?

甘いものであれば、何でもむし歯のリスクを上昇させるわけではありません。

 

例えば、キシリトールのような代用甘味料は、甘くてもむし歯にはならないことで有名ですよね。

 

その他、アスパルテームや還元水飴なども、甘味を楽しむことができる食品ではありますが、むし歯の発症リスクは非常に低くなっています。

 

これらに共通するのは、「むし歯菌のエサにならない」という点です。

 

むし歯菌がエサにできるのは糖質

むし歯菌は、エサとなる栄養素を摂り込まなければ、歯を溶かす酸を作り出すことができません。

 

ですので、キシリトールやアスパルテームなどで構成されたおやつを毎日摂取しても、砂糖が含まれるおやつと比べて、むし歯の発症リスクが激減するのです。

 

これは代用甘味料がむし歯菌のエサにならないからです。

 

米や芋も糖質!

逆に気を付けなければならないのが、芋や米、麦などで作られたおやつです。

 

具体的には、大学芋やビスケットなどが挙げられます。

 

ポップコーンもとうもろこしという穀物で作られていますので、糖質が豊富に含まれています。

 

これらは炭水化物と呼ばれる栄養素で、主食としても毎日口にしますよね。

 

実は炭水化物も立派な糖質なので、極端な話、おやつにおにぎりやお餅を食べてもむし歯のリスクは上昇するのです。

 

まとめ

このように、当院の小児歯科がおすすめするおやつは、基本的に砂糖であるスクロースがあまり使われていない食品です。

 

そうなると、甘くなくなるので小さなお子さまにとっては満足いかないことが多いので、キシリトールやアスパルテームといった代用甘味料入りのおやつを選ぶことをおすすめします。

 

そうした賢いおやつの選び方を実践するだけで、お子さまのむし歯予防効果は目に見える形で高まりますよ。

 

あき歯科医院

医院名 あき歯科医院
院長 橋本 昭子
住所 340-0041
埼玉県草加市松原1-7-22 さいゆうヴィレッジ2階
電話番号 048-942-6480
URL
診療内容 一般歯科、予防歯科、小児歯科、審美歯科、ホワイトニング、口腔外科、口腔ケア、矯正歯科など
概要 獨協大学前、草加松原駅・草加市松原で虫歯・歯周病の治療や、予防歯科・小児歯科・審美歯科・ホワイトニング・口腔外科・口腔ケア・矯正歯科の歯医者なら【あき歯科医院】。草加松原駅から徒歩2分、土曜も診療している歯科医院です。駐車場も完備。

ページトップへ